■女性の薄毛
薄毛の悩みと言えば男性に多いですが、最近女性にも薄毛で悩んでいる人は増えてきています。薄毛になる原因はさまざまにありますが、今までは女性の薄毛の場合は加齢によるものが多かったです。女性ホルモンは髪の毛の成長と関わりがあるため、加齢による女性ホルモンの減少で髪の毛にハリやコシがなくなり薄毛になってしまうのです。

女性の薄毛をびまん性脱毛症といい、男性の生え際や頭頂部の薄毛と少し違い、髪の毛全体が薄くなって分け目や旋毛が薄毛により目立ってしまう特徴があります。

20代の女性にも薄毛の問題はおこるのか?若くても女性なら誰でも陥る可能性がある薄毛の悩み

■20代の薄毛
加齢による女性の薄毛はある程度仕方のないことですが、最近では20代位の若い女性にも薄毛の悩みが多くなってきています。若い女性の薄毛はびまん性脱毛症のように髪の毛全体が薄くなったり、分け目が目立つといった症状は同じですが、原因は加齢による女性ホルモンの減少ではありません。

クレジット=薄毛 病院 http://hsclinic.jp/cont/ladyusuge/

ストレスによる頭皮の血流の悪化、睡眠不足、ダイエットによる栄養不足、喫煙、スタイリングやカラーによる毛根の汚れの蓄積など、髪の毛や健康に悪いことが重なって薄毛を招いていることが主な原因なのです。このような生活習慣は女性ホルモンの乱れをおこして、薄毛だけでなく健康にも悪影響を与えてしまいます。

■改善方法
若い女性の薄毛はヘタに育毛剤に頼るよりも、生活習慣を改善した方が治りが早い場合があります。薄毛に悩んでいるのであれば、まずは無理なダイエットや喫煙をやめて栄養を沢山とり健康な生活をここがけることで心身共に健康にでいることが大事です。

その上で髪や毛根に汚れを残さない正しいヘアケア行い、ドライヤーやスタイリングによる髪の毛のダメージをできるだけ減らしてあげることで薄毛の改善ができるでしょう。それでも改善しない場合は、男性が使うような強い育毛剤ではなく天然成分を使った髪にやさしい育毛剤を試してみたり、病院に相談して専用の育毛薬を処方してもらうこともできます。